辛い症状を乗り越える

男性

食欲ない時に役立つ梅

がんになりますと気持ちが落ち込み、治らなければ死を迎えてしまうのではないかと不安に感じる人は多いものです。定期的に抗がん剤治療を行ないますが、それによる副作用で気持ち悪くなったり体が重だるく感じたりイライラしたり、ほかにもいろんな症状が現れてきます。気持ち悪さから食欲も出てこず、何も食べられなくなることもあります。しかし、だからといって何も食べずに過ごすと体力が持ちません。なので気持ち悪くてもなんとか食べることができるものを作って少しでも体力をつけることが大切です。気持ち悪い時でも食べることができる食材の1つとして「梅」があります。梅な食欲増進作用効果があり、梅雑炊、梅ジュース、梅ゼリーなどさっぱりした味がのどを通しやすいと伝えられています。

早期発見につなげる検査

抗がん剤治療を続け、がんの数値が下がり安心したはずが後の検査でがんば転移していたりすることがあり、それを知ることで落胆する患者も多くいます。せっかく治ったと思ったのに再発するような形となれば気持ちが萎えるのは仕方のないことかもしれません。数値が下がっても実はがんは見えないところに隠れて眠っていることがあり、それが目覚めると転移してしまうことがあるようです。転移することで、また別の臓器などへ再発してしまい治療を行なわなければならなくなります。その転移を抑えることができるようになるためにも、がんの検査は定期的に行なっていくことが必要です。定期的に検査を続けていくことで早期発見につながります。早期発見で初期症状ですと治療も早く済ませることができるともいわれています。

腹部の激しい激痛

女性

すい臓がんは一時的な痛みが頻繁に生じる病気となっており、発見が容易ではありません。そのため、発見が遅れやすいがんとなっています。発見が遅すぎて手遅れになってしまうのを防ぐためには、内科などで人間ドックを受けましょう。

ウイルスでできるがん

病院

ヒトT細胞白血病ウイルス・ヒトパピローマウイルス・B型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスは、それぞれ成人T細胞白血病・子宮頚がんと肝臓がんの原因になります。慢性のB型肝炎やC型肝炎から肝硬変や肝臓がんへの進行を抑えるために、インターフェロンや抗ウイルス薬などを用いた治療がおこなわれます。

肺にできる悪性腫瘍

女性

肺がんは肺にできる悪性腫瘍で、日本人のがん患者数第一位の病気です。四十代後半から発症者が増え始め、その後は加齢と共に増加していきます。肺がんは喫煙行為によって発症リスクを高める可能性があります。また自身がタバコを嗜まなくても、受動喫煙によって被害を受けてしまう場合があります。